【格安直葬/格安火葬式/格安一日葬/格安家族葬/格安一般葬/格安お別れ会/宗旨宗派不問】

【大学中絶物語】Episode.04 『中絶する』という選択

男子大学生の中絶体験記

【知っておきたい妊娠と中絶のこと】

筆者(ユウスケ氏)が大学生の時に、彼女の妊娠中絶手術を共に経験した時の記録を、男性側の目線で書き記した体験談です。

少しでも、妊娠された方や中絶をお考えの方にとって、後悔のない選択ができる手助けになれれば幸いです。

「中絶する」という決断

僕たちの出した結論は、中絶するという選択だった。

やはり育て切る自信がないからというのが理由だった。

心から愛情を注いで育て切ることができないかもしれない。

子どもを憎んでしまうかもしれない。

だから、中絶したい。

という利己的な理由。

人を殺してまで将来やりたいことって何?

僕はそんな問いを考え続けていた。

お金持ちになることとか、社長や管理職になることとか、社会的に評価されることにあまり価値は感じない。

最悪、アルバイトでも死にはしない。

まだ産まれてきていないとはいえ、1人の人間の命がそこにあることは確かである。

人を殺してまで将来やりたいことなんて僕にはなかった。

普通に普通の人生を歩むこと。

それが一番かけがえのないもので、彼女も、親も望んでいたことなのだろう。

理解できないわけではもちろんない。

ただ、若かった自分にはすんなりと受け入れられなかった。

手術の準備

人工妊娠中絶手術は、前日に中絶用の準備の処置を施して、翌日に実施する。

同意書にサインして、産婦人科へ向かった。

手術代は約25万円。

経済的理由による人工妊娠中絶手術は保険適用外になるので、ある程度の費用がかかってしまう。

僕はそんなにお金がなかったため、3ヶ月以内に返済することを約束して親から借りた。

自分の無力さ

サインするなら、婚姻届にサインしたかったなと思った。

一生懸命働いてお金を稼ぐなら、ポジティブなことに使いたいなと思った。

でもそれは叶わない夢だった。

自分にお金や能力があれば。

そう強く思った。

あわせて読みたい❕

【色即是空】色すなわちこれ空なり...

【ブログ】葬儀のあれこれを中心に、この世の無常や生死のあれこれについて、つぶやきます。ブログは下記から↓