【アダルトチルドレンの克服】『アダルトチャイルドが自分と向きあう本』

家族の謎を明かし、小さい頃の”私”と向き合って、その子を慰める

極端に自分を親に対応させるような生き方をしているアダルトチルドレン。

そんな自分はおかしいのではないか、気付いた時に読んでほしいのがこの本です。

アダルトチャイルドが自分と向きあう本/アスク・ヒューマン・ケア研修相談センター 編

本書はアダルトチルドレンについての解説はそこそこに、アダルトチルドレンを克服するための方法、【原家族ワーク】を中心に書かれています。

行うことは、まず家庭の状況を明らかにすること

家族の問題、家庭内のルール、その中での自分の役割、家庭内で与えられてきたメッセージを振り返り、そこにあった否定的なメッセージを、新たなものに書き換えるのです。

そして、子供のころの自分を振り返ることです。

機能不全家族の中で育ってきた自分の中に取り残された、子供のままの自分(インナーチャイルド)と出会い、その幼い子である自分を慰め、悲しみを癒す(グリーフワーク)のです。

そこから現在の自分に戻り、今の欲求を確認しながら、インナーチャイルドを育てていきます。

家庭の状況を明らかにする

歪んだ家庭には特殊なルールがあるものですが、その中で育ってきた子供は、それがおかしいものだとは気付かないものです。

家族のために役割を演じ続けなければ、家庭が崩壊しそうであったり、誰も口には出さないけど、厳然と存在する家庭内の不健全な掟があったりと、機能不全家族は不穏な空気が常に流れています。

第三者から見れば明らかに異常な状況なのですが、家庭の中に組み込まれた人は、それをなかなか客観視できないのです。

それを振り返っていく作業を行います。

『アダルトチャイルドが自分と向きあう本』には、その流れが明確に記載されています。

いったん健全な普通の感覚を知ってしまうと、自分の家がいかにおかしい場所だったかわかってくるのですよ。

アダルトチルドレン本人は『こんなことは普通だ』と思うことでも、また不適切な親が『親のせいにするな』と言いそうなことでも、普通の感覚からすると、十二分におかしいものなのです!

それを自覚できると、かなり前進します。

子供のころの自分を振り返る

子供のころの自分を振り返ると、ある出来事で悲しみの感情を上手く消化することができないまま、やむを得ず我慢し、そのまま小さい子の状態でいる自分に気付きます。

その小さい子がインナーチャイルドです。

小さい子は悲しいことがあった時は、普通思いっきり親に甘えて泣き、そうして悲しみを癒すものです。

ですが機能不全家族で育った子の親は、甘えさせてくれる親ではなく、子供は我慢します。

機能不全家族では、自分らしくいることも許されない空気が流れていますので、自分の感情を優先させることができないのです。

そうして、置き去りになってしまった小さい子が生まれます。

ですが、子どものころに与えられなかった安らぎは、親にしか与えられないものではありません。

大きくなってからでも、自分や仲間たちがインナーチャイルドを慰め、悲しみを癒してあげてもいいのです。

これがグリーフワークです。

過去のことを思い出すと、不意にずっと忘れていたことを思い出して、激しい感情が沸き上がってくることがあります。

それこそがインナーチャイルドの叫びです。

心の声に耳を傾けて、自分の中にいる小さい子が、してほしいと思っていることをしてあげればよいのです。

そして時は動き出す

自分の家庭の謎を解き明かし、時が止まったように置き去りにされた子を発見し、その子の悲しみを癒して連れていくこと。

そうすれば生き生きとした自分の人生が動き出すことでしょう。

ずっと昔の姿のままでいた小さい私を成長させていくのです。

悲しみを癒し、欲しかったものが与えられれば、インナーチャイルドは成長します。

そうしていつしか現在の自分と重なり、あなたはより自分らしく生きられることでしょう。

筆者紹介
人物
Suck
はじめまして。Suckです

教育の世界に身を置く【メンタル系教育研究者】

幼少期は明朗快活で好奇心旺盛な男の子だったが、中学受験で勉強し過ぎて、健全な人格形成の機会を逃した、典型的な燃え尽き症候群。

毒親育ちにありがちな『遊びたい』が口癖で、際限なく自由さを求める特徴がある。

現在も家族問題に起因する様々な恐怖症の影響が残っており、日々思考を重ねて改善を試みながら生きている。

家族のことや心の問題など、生きている中で悩んでいる問題に立ち向かうパワーを与えることが記事執筆の目的。

書く内容は一般論をベースとはしません。筆者である私の考えをもとに理論立てていきますので、読者さんには筆者がどういう人間であるかを推察しながら、そこに存在する普遍的な真理を掴みとっていただければと思います。

また教育関連の記事については、自身の経験から、偏差値だけで考えたり、詰め込み式で勉強をすると受験に失敗するという見方を示すことが多いです。

勉強については一番近道は、我流を捨てて素直に学ぶことです。

 

 

 

 

 

 

 

[st_af id=”8799″]
>【葬儀ご意見箱】

【葬儀ご意見箱】

葬儀・仏事に関するエトセトラ・・・

疑問・質問・葬儀川柳・体験談・要望・苦しい胸の内・・・

何でもOK!是非、皆様の生の声をお聞かせください。

CTR IMG