【格安直葬/格安火葬式/格安一日葬/格安家族葬/格安一般葬/格安お別れ会/宗旨宗派不問】
CATEGORY

自死/自死遺族

  • 2020年10月6日

【竹内結子さんが自殺した日…】私はある名も無き死人と対峙していた

女優の竹内結子さんが亡くなった。 自宅のクローゼットで首をつっているところを家族によって発見された。自殺と見られている。 私が初めてそのニュースをを知ったのは、式場に向かう車の中だった。 恐らく日本中の国民みんながそうであろうが、同僚からのメールに、目を疑わずにはいられなかった。 竹内結子さんといえ […]

  • 2020年9月17日

【観覧注意】人身事故で首や手足がバラバラに飛んでしまった遺体の修復作業(納棺師の裏話)

映画『おくりびと』ですっかり注目を浴びた納棺師。 しかし、現実は映画の様に素晴らし世界だけとは限りません。 どんな世界にも華やかな表向き(光)の世界と、怨霊渦巻く闇(裏)の世界があります。 納棺師のもとに届いた驚愕の依頼!あなたはこの現実に耐えられますか!? プロローグ 数ある自殺の中でも、遺体の損 […]

  • 2020年8月1日

【自死(自殺)遺族の果てない後悔と憎悪】殺人犯扱い!?夫を自死で失った女性の見た地獄

自死遺族の叫び 自分の大切な家族がある日突然自らその命を絶つ。 『自死遺族』と言う存在は、自分とは関係ない、遠い存在だろうか? 大半の人間にとって、答えは『YES』だろう。 しかし、年間3万人の人間が自死によりこの世を去る日本において、誰もが自死遺族になる可能性は十分にある。 『私の旦那は、自殺した […]

  • 2019年12月19日

【自死(自殺)遺族の自責と後悔のメッセージ】『弟へ。気づけなくてごめんね。』

自死遺族の叫び 自死(自殺)遺族から寄せられた、メッセージをご紹介いたします。 どのメッセージにも、綴られていたのは、激しい後悔の念。 遺された者たちの心の叫びをお聞きいただき、少しでも自ら命を絶つ人間がいなくなることを祈ってやまない。 自死(自殺)遺族からのメッセージ 消せないトラウマ 父が遺書を […]

  • 2019年11月28日

【自死遺族からのメッセージ】『自死が遺した大きなトラウマとその後の人生』

自死を選んだ父親とその後の私 私が中学生の時、私の父は橋から飛び降りて死にました。三十代の若さでした。 部活中母親から学校へ連絡があり、家へ向かう車の中でその事実を知りました。その時は何で⁉︎と受け入れられず、泣く母親の手を握ることしか出来ませんでした。 前日の夜、母親から父が帰ってこ […]

  • 2019年11月18日

【自死(自殺)遺族のメッセージ】遺されたのは激しい後悔と自責の念・・・

自死遺族の叫び 自死(自殺)遺族から寄せられた、メッセージをご紹介いたします。 どのメッセージにも、綴られていたのは、激しい後悔の念。 遺された者たちの心の叫びをお聞きいただき、少しでも自ら命を絶つ人間がいなくなることを祈ってやまない。 自死(自殺)遺族からのメッセージ 自死遺族らから寄せられた心の […]

  • 2019年9月29日

【阿鼻叫喚】息子を自死(自殺)で亡くした父親が見せた生き地獄

自死遺族の叫び もう2年ほど前のことになろうか。 思えば私はその父親の声をまともに聞いたことがなかった・・・ 遡ること数日前。自宅でその父親に会った時、仏頂面の彼は腕組みをして、不機嫌そうにダイニングの椅子に座っていた。 隣の県の某施設で首を吊って自殺した息子の遺体を、母親と一緒に警察から引き取って […]

  • 2017年1月8日

【事故?自殺?他殺?】焼死した父親の闇と遺族を縛る後悔の念

自死遺族からの手紙 私の父は焼死しました。13年前の事です。 その日、私は自宅から車で1時間ほど離れた所へ遊びに行っていました。 「父と連絡が取れない」 お昼過ぎに母から電話がありました。 「携帯は置きっぱなしで車も自宅にあるが、姿がどこにもない」と。すぐに帰りました、帰りながら嫌な予感だけが胸の中 […]

  • 2016年12月15日

自らの学び舎から飛び降り自殺した学生と、最期まで消せなかった自死遺族の心の闇

自死遺族の叫び もう何年も前の話である。 ひとつ若い命の灯火が、自らの手によって静かに消えて行った。 自身が籍を置く学び舎から身を投げたのは、まだ十代の若者だった。 詳しいとこは書けないが、高校を卒業し、東京の実家を離れて、ひとり海外の大学に留学していた中での惨事だった。 留学先から羽田行きの貨物機 […]

  • 2016年11月19日

【子供が飛び降り自殺】泣き崩れる実の親と、我関せずの義理の親・・・

里親の体験談 複雑な家庭環境が子供を自ら死に追いやったのか? 泣き崩れる実の親の傍らで、我関せずの表情で佇む義理の親。 里親から届いた悲劇の地獄物語。 私はボランティアで短期里親(実の親から一時的に子供を預かる)をやっております。 今から約5年程前、当時世話をしていた中学2年になるA君がいました。彼 […]

【色即是空】色すなわちこれ空なり...

【ブログ】葬儀のあれこれを中心に、この世の無常や生死のあれこれについて、つぶやきます。ブログは下記から↓