【格安直葬/格安火葬式/格安一日葬/格安家族葬/格安一般葬/合同葬/社葬/お別れ会/宗旨宗派不問】
CATEGORY

葬儀屋雑記

  • 2020年8月23日

【日本の土葬文化と歴史】土葬は禁止?遺体はどうなる?昭和初期まで残る日本の土葬の風習

土葬の思い出 現在、日本では基本的にご遺体は火葬し、ご遺骨を埋葬するのが一般的です。 しかし、誤解の無いよう記しておくと、法律で土葬が禁止されているわけではありません。 あくまでも公衆衛生面や埋葬地の確保の問題から、火葬が通例となっているに過ぎません。 しかし、昭和初期までは日本も土葬の風習は各地に […]

  • 2017年1月4日

【伝統行事がピンチ!】『葬儀を通報』『除夜の鐘に「うるさい」とクレーム』『餅つきは食中毒心配』

心のゆとりを無くした日本人 年の瀬・・・ 大晦日の夜に人間の煩悩を消すべく「ゴーン!」という鐘の音が聞こえると、(あぁ、今年も終わりか~)と何とも言えない感慨深い思いに浸り、新年はつきたての餅のえも言われぬ美味しさに舌づつみを打つ。 しかしここ数年、そんな除夜の鐘や餅つきが存亡の危機を迎えているらし […]

  • 2016年12月9日

【人の死で飯を食う商売】名も無き葬儀屋の小さなプライド・・・

良い・悪いは別として実に的を得た、ごもっともな表現だ。 しかし、つくづく葬儀屋というのは因果な商売だ。 必要とされるのは、決まってひとりの人間の人生が幕を閉じた時と相場が決まっている。 そこには遺された大勢の遺族、親族、知人、友人、同僚達がいる。 その輪の中心に、我々は神妙な面持ちで歩みを進める。 […]

  • 2016年11月15日

【大手葬儀社の葬儀にイラッ!】金看板と若さゆえの勘違いが生む悲劇

ちょっとした縁で、同じ地域に勤める日本でも、有数の大手葬儀屋の社員と知り合いになった。 ちなみに私の勤める葬儀屋は古くから続く、地元ではちょっとは名の知れた老舗で、「政治家、財界人、地元の名士の葬儀はここ」と、言われる葬儀屋だ。 しかし、しょせんはローカル企業。大手葬儀屋に比べれば、規模は月とスッポ […]

  • 2016年10月30日

【薨去・逝去・死去】皇族の『死』はどう表現されるの?

三笠宮寛仁殿下の死 三笠宮寛仁さまが100歳で薨去された。 一方各メディアの報道を比較し、正しい報道がなされているかについて熱い議論が繰り広げられている。 各メディアの報道は薨去・逝去・死去などの二字熟語から、「天寿を全う」など様々だが、今回は二字熟語に絞ってそれぞれのメディアの第一報をまとめてみた […]

  • 2016年7月25日

【遺体(死体)】法律上は遺体はもはや『物(貨物)』でしかないんだよね・・・

法律上ご遺体の搬送に使う霊柩車は「一般貨物自動車」。 法律上の扱いは建築資材や家具と同じって訳。 ご遺体を搬送中は「貨物運搬中」となるのは、わかっちゃいるけど何とも悲しい話・・・ 先日、訪れた都内某所にある貸式場(斎場)での話。 1階の受付で簡素な見取り図を渡され、エレベーターで2階の斎場を目指す。 […]

  • 2016年6月23日

【小林麻央さんの乳ガンに想う】何気ない日常の有り難さと大切さ

「肩が痛い、肩が痛い・・・でも子供も小さいし、病院行ってる暇もお金も無いのよ」 31歳でがんが見つかった後、夫と3人の子供を残してわずか3ヶ月で逝ってしまった。 「よく聞くけど、ホントに何気ない日常が一番なんですね・・・」 夫は涙で顔をぐちゃぐちゃにしながら声を絞り出した。 2ヶ月前に私が担当した葬 […]

  • 2016年5月2日

【30代・40代は要注意】原因はアレ!若者の突然死は珍しくない!?

若年性突然死 40代の死因第三位は心疾患。 30代・40代の突然死は自分とは関係ないと言えるのでしょうか? 前田健さんの死因 松浦亜弥のものまねで人気を博した前田健さんが急死したニュースが日本中を駆け巡りました。享年44歳。 奇しくも海を渡ったドジャースのマエケンこと前田健太投手が大活躍を続けている […]

  • 2016年3月21日

【長生きしたい?したくない?】長生きすることが必ずしも幸せではないという現実・・・

あなたは長生きしたいですか?それとも長生きはしたくないですか? この世で人の寿命ほど不確かなものはない。 だからこそ多くの人間にとって少しでもこの世に長く留まりたいと願うことは自然なことです。 しかし、時に長生きすることが必ずしも幸せとは限らない。そう思わずにはいられない事件が、瞬間があるのも確かで […]

  • 2016年3月14日

【孤独死を防ごう】回覧板を回す時にひとこと声を掛けていますか?

見直そう!回覧板 ご近所との縁をつなぐ1枚の板「回覧板」。皆さんは回覧板を回す時、声をかけていますか? 回覧板の声掛けを通じて近所との絆を深め、いざという時助け合う、孤独死を防ぐなど多くのメリットがあります。 今回は近所で回す回覧板の声掛けについて書きたいと思います。 回覧板と私の冷えた関係 ひとり […]

【色即是空】色すなわちこれ空なり...

【ブログ】葬儀のあれこれを中心に、この世の無常や生死のあれこれについて、つぶやきます。ブログは下記から↓