【格安直葬/格安火葬式/格安一日葬/格安家族葬/格安一般葬/合同葬/社葬/お別れ会/宗旨宗派不問】

【事故?自殺?他殺?】焼死した父親の闇と遺族を縛る後悔の念

自死遺族からの手紙

私の父は焼死しました。13年前の事です。

その日、私は自宅から車で1時間ほど離れた所へ遊びに行っていました。

「父と連絡が取れない」

お昼過ぎに母から電話がありました。

「携帯は置きっぱなしで車も自宅にあるが、姿がどこにもない」と。すぐに帰りました、帰りながら嫌な予感だけが胸の中にあったのを覚えています。

自宅に帰り、父の愛犬を連れ、畑やいつもの愛犬との散歩コースを探しました。親戚の人まで頼んで探しましたが、その日はとうとう見つかりませんでした。

 

次の日、畑から父の焼死体が発見されました。

発見現場は前日も皆で探してもいなかった場所でした。顔は焼けて真っ黒になってしまっていて、腫れ上がっていました。

焼けていたのは顔だけでした。他は焼けていませんでした。

焼死体など見た事もなかったのでよくわかりませんが、直感でかろうじて、父だと認識できていました。

でも頭の中は(なんでこんな死に方をしたのだろうか、今目の前にいるのは本当に父なのか、夢ではないのか)という思いが、いつ終わるともなくぐるぐる廻っていました。

実は、前日父と食事を取りませんでした。朝早い父の食事を用意するのが面倒だったからです。

なぜ、昨日一緒に食事をしなかったのか、朝早いくらいなんでもないのに。悔やんでも悔やみきれません。

父は、納棺師の手によって、復元されました。あまりにもひどく損傷してしまい、最後のお別れができないと判断で頼みました。

 

復元された父は、似ているような似ていないような顔でした。

父の死から13年経ちましたが、未だ原因はわかっていません。

自殺なのか、事故なのか事件なのか。遺書がなかった事、私の結婚式が2ヶ月後に控えていた事もあり、家族は自殺だと考えていません。

原因はわからず、私の後悔だけが私の胸に残っています。

ひと言

この投稿に関しては、色々思うところは多いのですが、敢えて私の意見や感想は書かないでおきます。

ただひとつだけ。

「後々後悔しないように、家族や周りの人間を大切にしながら、日々精一杯生きていかねばならない」という、強烈な教訓であることは間違いありませんね。

あわせて読みたい❕

【色即是空】色すなわちこれ空なり...

【ブログ】葬儀のあれこれを中心に、この世の無常や生死のあれこれについて、つぶやきます。ブログは下記から↓