【格安直葬/格安火葬式/格安一日葬/格安家族葬/格安一般葬/合同葬/社葬/お別れ会/宗旨宗派不問】

【『成人式』VS『元服の儀』】荒れる成人式!暴れる人間は成人として認めなければ良い!

毎年毎年新成人により繰り返される愚行。

大暴れする新成人からそもそも『成人』とは何なのか?について考える。

今年も各地で成人式を祝う式典が、各地で行われた。今年の新成人は126万人。

人口減少に歯止めがかからない日本だが、今年は去年の121万人から5万人増加。前年比を上回るのは実に5年ぶりということだ。

成人の仲間入りをした彼らを心から歓迎したいところだが、残念ながら今年の新成人でも、日本最大級の式典が行われていた神奈川・横浜市の会場で、柵を越えて舞台に上がろうとした新成人が、警備員に取り押さえられ、退場させられた事件を始め、いくつかの場所で、恒例と化した暴動が起きてしまった。

昔の成人式と言えば『元服』。時代や地域、個々の置かれた状況により、年齢には幅があったようだが、15才から17才くらいまでに済ますのが、一般的だったようだ。

基本的にタイミングは親が決めるもので、早い人だと14才くらい、親の許しがなかなかでない問題児は、20才を過ぎることもあったようだが・・・。

言わずもなが『元服』をするということは、一人前の大人として認められたことを意味する。

これは非常に誇らしいことである反面、当然ながら、重大な責任を伴う。

これ以降周囲からは、大人としての品格を厳しく問われる訳だがら、現在のように、単なる通過儀礼という訳にはいかない。

元服を済ませ、『公人』として世の中に出るというのは、それなりの確固たる覚悟が必要だった訳である。

それに比べるて現代はどうだろう?全員とは言わないが、単なる通過儀礼と言うか、時が来たら誰にでも平等に訪れる、単なるお祭りだと思っている若者が大半だろう。しかしながら、厳粛な元服の儀に暴れる様な人間を、年齢だけを以って、一人前の大人と呼んでしまって良いのだろうか?

近年日本人の精神的な成長は、かなり遅くなっていると言われて久しいが、20歳=成人という制度そのものの見直しすら、検討しなければならないのか。そんなことを考えねばならぬこと自体、とても悲しい。

『一人前の大人になる』ということの意味するところは何なのか?

ほんの少しの時間でも良い。成人式を迎える前に、この言葉の意味するところを、見つめ直して欲しいものだ。

あわせて読みたい❕

【色即是空】色すなわちこれ空なり...

【ブログ】葬儀のあれこれを中心に、この世の無常や生死のあれこれについて、つぶやきます。ブログは下記から↓